MENU

女性用の育毛シャンプーで効果的な成分って何だろう?

女性で育毛シャンプーを使いたいと思っている方はどんな成分が配合されているか気になるところでしょう。
男性と違い女性には女性特有の必要な成分がありますが、どのようなものでしょうか?

 

女性の育毛シャンプーに最適な洗浄成分って何?

 

女性の髪は男性の髪とは違ってとても繊細です。
そんな女性用育毛シャンプーにはどのような成分が入っているものが良いのでしょうか?

 

まず、育毛シャンプーとは言いますが基本シャンプーなので洗浄成分も大切です。
おすすめの洗浄成分は、石油系の界面活性剤などではなく天然のものなどがおすすめです。

 

いわゆるアミノ酸系シャンプーなどですね。
※アミノ酸シャンプーについてはこちらでも詳しく解説しています。→アミノ酸シャンプー

 

エイジング世代は頭皮も油分が少なくなってきているので洗浄力の強すぎる石油系シャンプーは使わない方がいいのです。
髪に必要な油分まで落としすぎてしいます。
また地肌に刺激も強く、抜け毛や薄毛の原因を加速させてしまうことも・・。

 

育毛シャンプーに切り替えないまでも、洗浄力の強すぎる石油系シャンプーはやっぱり使わない方が無難です。

 

 

抜け毛予防や発毛促進には血行促進の成分が入っている育毛シャンプーが良いでしょう。
ローヤルゼリーやトウキ根エキスが配合されているものが育毛シャンプーでも一押しです。
髪や地肌を老化から守るならワイン酵母やドクダミエキスが入っているものを選んで下さい。
自分の髪や頭皮の状態に応じて育毛シャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

 

女性の育毛シャンプーには様々な成分が入っている

 

女性用育毛シャンプーには様々な成分が配合されています。
安いものだと石油系の成分が入っていることもありますが、少し高い物になるとナチュラル系の成分が多くなるという特徴があります。

 

例えば、女性の髪にはうるおい成分が欠かせませんが、ヒアルロン酸やコラーゲン、トレハロースが入っている育毛シャンプーは人気です。
また、紫外線は抜け毛の原因になってしまいますが、育毛シャンプーの中にはルイボスエキスなど炎症予防成分が入っているものも見られます。
毛髪ダメージを補修するカミツレ花エキスなどが入っているものはパーマやカラーリングで傷んだ髪には最適の成分です。

 

他にも女性用育毛シャンプーには各メーカーが技術を競い合い、たくさんの有効成分が入っていますのでどんな成分なのか調べてみるのも面白いですよ。

 

男性の育毛シャンプーと女性の育毛シャンプー成分の違い

 

女性の方で薄毛だからと旦那さんの育毛シャンプーなどを使っている人がいるかもしれませんが絶対に止めて下さい。

 

男性用の育毛シャンプーには男性ホルモンを抑制する成分が入っていたりします
この男性ホルモンを抑制する成分が女性の髪や頭皮には良くないことが多いのです。

 

女性用と男性用の育毛シャンプーでは様々な成分が違いますし、逆効果になって抜け毛の原因になることもあります。
だいたい、女性の抜け毛の原因は加齢やストレス、生活習慣ですが男性は多くが遺伝性の物なので育毛シャンプーの成分も違うのです。

 

男女共用の育毛シャンプーなら問題ないですが男性は男性用、女性は女性用の育毛シャンプーを使って下さい。

 

ここは要注意のポイントです!

 

 

 

育毛シャンプーに不要な成分って?

育毛シャンプーには入っていなくても良い不要なものがあります。
髪の為には入れてほしくない成分です。
これはどんな成分なのでしょう?

 

髪の為にはかえって良くない育毛シャンプーの成分

 

育毛シャンプーは健康な髪を育てるためのシャンプーなんですが、よく見ると髪に良くない成分が入っていることもあります。
例えば、シリコンが入っているものは育毛シャンプーではあまり評判が良くないです。

 

シリコンは滑らかな手触りやサラサラ感、髪のツヤを出す成分なんですが髪にはダメージを与える成分です。
育毛シャンプーに限らず、今はノンシリコンシャンプーが全盛期。
このブームを見ても髪に良くないというのはわかりますよね!

 

 

高級アルコール系のシャンプーも同じく髪には良くありません。(石油系シャンプーもほとんどこれにあたります)

 

高級という名がついていますが、これは高級なアルコールを使っているという意味にではなく、アルコール分子中の炭素が6つ以上含まれているものを「高級アルコール」と言います。
低級アルコールというものもあり、これは炭素の数が5つ以下のものをいいます。
高級アルコールは、イソステアリルアルコール、ヘキシルデカノール、ラウリルアルコール、セタノール、ステアリルアルコール、オクチルドデカノールなどです。
炭素の数が多い高級アルコールは油性になり、水性の低級アルコールに比べると洗浄能力が強くなります。
シャンプーとしての泡立ちもよく、髪が綺麗になりそうですが、頭皮への負担も大きくなります。

 

強力な洗浄力があるため頭皮の汚れは落ちやすいですが、皮脂を過剰に取ってしまってフケやかゆみの原因になることがあるのです。
購入する育毛シャンプーの洗浄成分には気をつけたいものです。

 

 

育毛シャンプーに必要ない成分が入っているか確かめる

 

シャンプーを購入する時にシャンプーに入っている成分までチェックされて購入される方は少ないかもしれません。
しかし、せっかく良いシャンプーだと思って購入したのに使ってみたら合わなかったという事も起こるのです。
特に育毛シャンプーは金額が高い割りによかったり悪かったりの差が激しいので成分までチェックしていた方が良いでしょう。

 

でもなぜ粗悪な育毛シャンプーの中にはあまり髪に良くない不要な成分がわざわざ入っているのでしょうか?
これは、表面上の使い心地が良かったり、香りが良かったりするからです。

 

一般のシャンプーは香りのいいものなども多いですが、育毛シャンプーは無臭のものなども多いのです。
天然のアロマの匂いなどはいいですが、不必要な香料などもあまり入っていない方がいいですね。
育毛シャンプーの目的は、頭皮環境を改善し抜け毛を予防しできれば健康な髪を生やす事ですから、やっぱりその点を重視しましょう。

 

 

評判が良く育毛効果が確認されていて人気のある育毛シャンプーには、これらの不要な成分が入っていない事が多いです。
シャンプーの宣伝文句にもきちんとノンシリコンとか自然派成分とか、無添加などと書いてあるのが良い育毛シャンプーです。
どうしても良い育毛シャンプーになると価格が高くなり、一般的な育毛シャンプーが千円だとすると3千円を超えるものも多くあります。

 

しかし、使われてみれば判りますが、良い育毛シャンプーは髪や頭皮にとても優しいですし、抜け毛予防や育毛効果も高いのです。
中途半端な育毛シャンプーを買ってしまっては意味がありません。
育毛シャンプーを買うときは、値段や名前もですが成分に気を付けて良いものを購入するようにしましょう。

 

 

当サイトでは成分にもこだわった女性におすすめの育毛シャンプーをいろいろ紹介しているのでこちらもぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

女性の育毛シャンプーも近年では増えつつありますが、一般的なものにはどのような添加物が入っているのでしょうか?
その添加物の働きや悪影響を及ぼさないかなどご紹介します。

 

女性の為の育毛シャンプーに入っている添加物とは
女性は抜け毛が気になりだすと育毛シャンプーを使う機会が増えますが、よく見るとたくさん添加物が入っているものもあります。
無添加という表示が書いていな限りはほとんど添加物が入っていると考えて間違いありません。
添加物は、例えば髪の毛をサラサラにしたりきしみを無くしたり、汚れ落ちを良くしたりするものになります。
しかし、これらの添加物の中には髪の毛を痛めたり地肌に悪影響を及ぼしかねないものも存在するのです。
ナチュラル系のものだと悪影響も少ないと考えられますが化学合成物質だったりすると育毛シャンプー自体の働きが衰えます。
できれば育毛シャンプーを購入するときは、どんな添加物が入っているのか確認された方が良いでしょう。

 

女性の育毛シャンプーに入っている添加物は必要なのか?
女性用育毛シャンプーには添加物が入っていることがありますが、髪や地肌に良くないものもあり、必要なんだろうかと不思議に思われるでしょう。
究極を言えば、添加物が入っていない方が髪や地肌に良いのは判っているのですが、使い心地などにこだわる人が多い為入っている事が多いのです。
なぜなら、どんなに育毛シャンプーが髪や地肌に良かったとしても髪がきしんだり洗浄力が悪かったりすると売れないからです。
髪の指通りを良くするためのシリコンや地肌の汚れ洗浄する界面活性剤は添加物の一部ですが髪や地肌には良くないと言われています。
しかし、これらは安い育毛シャンプーに入っているのが多い添加物でもあるのです。
値段が安くて使い心地も良くしようとすると、どうしてもこれらの添加物が入ることがあるので選ぶときは注意してください。

 

女性育毛シャンプーの添加物の悪影響について
女性でも育毛シャンプーを使うのが当たり前の時代になりつつありますが、添加物入りだとトラブルになる可能性があります。
育毛シャンプーの添加物の中には髪に悪影響を与えてしまうものもありますので注意しましょう。
特に、ラウレス硫酸Naという添加物は合成界面活性剤というものです。
このラウレス硫酸Naが入っている育毛シャンプーを使うと、地肌の汚れは綺麗に落ちます。
しかし、汚れと一緒に頭皮を守っている皮脂も落とすのでフケやかゆみ、頭皮の肌荒れが起こることがあるのです。
育毛シャンプーを使いだして悪影響がでたら添加物が入っていないか確認してみましょう。